市販薬は早漏に効果あるのか?

早漏の市販薬

早漏を改善するためにとる手段として、まず何を思い浮かべますか?過剰にゴムをつける、イきそうになったら抜くといった方法を試している人もいるのではないでしょうか。
しかし早漏は自分の意思とは別で、勝手に射精してしまう現象なので本人ではコントロールができません。
せっかくパートナー、セフレ、ワンナイト女性とセックスをしようとしているのに早漏で台無しにはさせたくないですよね。
そんな方には市販薬よりも内服薬がお勧めです。体の内側から早漏を改善していきましょう!

軟膏タイプは早漏に有効的なのか

まず市販されている早漏対策には、軟膏剤があります。なかでも有名なのがトノスという軟膏。
軟膏タイプの早漏防止は直接ペニスに塗布していきます。もちろん塗った状態のままでセックスをするのではなく、浸透させた後に洗い流してから性行為をするのです。
トノスに配合されている有効成分は、男性ホルモンであるテストステロンやアレルギー反応を考慮した抗ヒスタミン成分のジフェンヒドラミン塩酸塩が含まれて居ます。
さらにトノスの特徴を紹介していきましょう。
トノスについてはコチラ

●3つの局所麻酔成分が配合されている
●男性ホルモンの低下を改善する
●アレルギーを考慮している

軟膏タイプを実際に使っている体験談では、「少し遅くなるけど感覚が鈍る」といった声もあります。
早漏はペニスが敏感な人が大半なので、いつもより鈍くなるのに違和感を覚えるようです。
またトノスの定価は5gで4,500円と少しお高め。
5gは意外にもすぐになくなる量なので、何回もセックスしたい方にはあまり向いてるとはいえないようです。

スプレータイプもある!

早漏防止ができる市販ものの中には、スプレータイプもあります。軟膏タイプと同じで、ペニスに吹きかけるだけでOK。
軟膏タイプのベトベト感が嫌いな人にはピッタリです。
日本で有名な物販サイトである楽天では、さまざまなタイプのスプレーが販売されています。
スプレータイプ商品の中にはリドスプレーという商品があり、病院でもED治療をしている人に処方するケースもあるようです。
さらにリドスプレーに配合されているリドカインは、ほとんど副作用がないといわれていて安心して使用できるといえます。

軟膏やスプレーよりも内服薬がオススメな理由

早漏を抱えている人ほど、EDになりやすいという事実を知っていますか?
またその逆のパターンもあります。
EDになっている人が早漏になったり、早漏になっている人がEDを発症したりすることも。
それほどEDと早漏は密な関係で結ばれているのです。
しかしED治療のために飲む内服薬とは別で、軟膏やスプレーを買うのはなかなか勇気が要りますよね。
ED治療薬は高いうえに、軟膏タイプのトノスもなかなかの価格。頻繁に購入できる額ではありません。

しかし世の中には1錠でEDと早漏の問題を解決してくれる薬があるのです。
それはスーパーカマグラという医薬品で、EDに効くシルデナフィルと早漏に効くダポキセチンという成分が配合されています。
「別個で買うのはめんどくさい!」
「そんな高い支払いなんてできない!」
と思っている人は、スーパーカマグラを利用してみましょう。